上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
パパがインフルとわかったその日から、子供達の様子がおかしい
3人とも、喉がひどく痛がったり、夜中に体が熱かったり、明らかに発熱していたり。

カナリ、ヤバシ・・・。

翌日、3人とも即病院へ

結果。次男がインフル発覚。長女は、インフル疑い。長男は、熱はなかったので、検査せず。

結局、娘は怪しいのでインフルの薬をもらってきました。
次男は、治るまで幼稚園禁止。
長男は、熱がなければ、学校いってよし。

長男は、その日は休んだけど、翌日は登校しなさいというあたしに、
『ボクだけ学校~?』と不満そう。
でも、『インフルぽかったら検査受けないといかんよ』の言葉に、
アノ検査はいやボク学校いくわ!』と登校(笑)

インフルの検査は綿棒みたいのを鼻の奥にズブッと入れられて、粘液を取って検査するのです。
次男がやられるのを正面でしっかりとみちゃったお兄ちゃん。
かなりびびっててたので、受けるくらいなら学校のがマシ!っと思ったみたいです。

パパもアノ検査は痛いわー。といってたからね。

次男は、あれから熱が39度まであがってしまって、「頭イタイー」と泣き、解熱剤を飲み、リレンザも飲み、本日ようやく熱が下がってきています。

おかげで、食欲も少しずつ回復して、パパも明日からは、会社に復帰できるまでになりました。

娘は、熱はその日にあっただけで、ハナタレ娘では、あるもののいつも通りのやりたい放題w

長男は喉が痛いというものの、熱はなく風邪らしい・・。

あたしは、かかってないですねー。パパに、「すげーな」と言われてます(笑)

気合よ、気合」と答えてます。(爆)








スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。